Apple Watch 4 バンドの互換性について

第1世代からSeries 4まで、Apple Watchのバンドは完全に互換性あり!

2018年09月に登場した「Apple Watch Series 4」は3までの世代と違って画面サイズが大きくなり、本体サイズも薄くなりました。では、過去に発売されてきたバンドと互換性があるのでしょうか?

結論から言うと、Apple Watchのバンドは初代から「Apple Watch 4」に至るまで、完全に互換性があります。

第1世代(2015年)に発売されていたバンドをSeries 4(2018年)のApple Watchに付けることもできますし、逆に最新のバンドを古いApple Watchに付けることもできます。

もちろんSeries 1、Series 2、Series 3も同様。全く問題ありません。

Apple Watchは世代によって本体の厚みが僅かに変わっているものの、バンドをはめ込む隙間に関してはピッタリ同じ規格で統一されています。

公式ページで各モデルに互換性ありと記載

Apple公式サイトにてバンドの販売ページを開くと、

Apple Watchの以前のモデルのすべてに対応します。

との記載があります。

逆に、Series 3以前の世代で発売されていたバンドのページを開いても、

Apple Watch Series 4に対応します。

との記載があります。

もちろん38mmケースか42mmケースかの違いはありますが、世代間での違いは無いようですね。

というわけで、バンドとApple Watch本体の世代(購入時期)が違っていても全く問題ありませんので、安心して使ってください。

本体デザインが大きく変わらない限りは、Series 5以降でも互換性はあるものと考えていいでしょう。