Motion 5で背景を透明にして書き出す方法

Motion 5のアイコン

Motion 5では背景を透明にして書き出すことができますが、3つの留意点があります。

背景を透明にして書き出すための3つのポイント

1. プロジェクトの背景を[透明]に

Motion 5で背景を透明にする手順1

▲プロジェクトを選択し、[プロパティ]を選択し、背景を[透明]に設定します。

2. レンダーのカラーを[カラー+アルファ]に

Motion 5で背景を透明にする手順2

▲[command + E]で書き出し画面を開き[レンダー]の[カラー]を[カラー + アルファ]にします。

3. オプションの出力を[Apple ProRes 4444]以上に

▲先ほどと同じ書き出し画面から、[オプション]→[出力]→[Apple ProRes 4444]以上を選ぶ。]

Apple ProRes 422HQ以下のものを選ぶと、透明で書き出されず真っ黒になります。

完成!きれいに背景を透過して書き出せた

書き出したファイルを見る際、QuickTimeで見ると背景も真っ黒のように見えてしまう(見かけが黒いだけで、実際は透明になっているが)ので、スペースを押してプレビューすると透明になったことがはっきりわかります。

▲Macの壁紙が透け、背景が透明になったことがわかる。

プレビューでは磨りガラスのように写っていますが、もちろん動画編集ソフト等に入れればきれいな透明になっていますよ。

私はこれを知らず「なんで背景が透明にならんのじゃ!!」と苦戦したので、同じ状況に陥っているあなたの一助になれば幸いです。