動画変換アプリ「Total Video Converter Pro」が超便利!使い方を解説

Macの動画変換アプリ「Total Video Converter Pro」が非常に便利。

  • movからmp4へ変換
  • mp4からmp3へ変換
  • ファイル形式はそのままにサイズを小さく
  • 分割された動画を1つに結合
  • 複数の動画を一括変換

などなど、本当に幅広い動画変換関連の作業が行えます。

ダウンロードについて。無印、LITE、PROどれが良い?

Mac App Storeで「Total Video Converter」を検索すると、3種類のアプリが出てきます。

LITE(無料)

動画変換を1つずつしか行えません。寝ている間にまとめて変換、といった使い方ができないわけです。

無印(600円)

複数の動画変換を行えますが、最上位のPRO版に比べると対応フォーマットや編集機能に一部制限があるようです。ただ、無印版の購入は次の理由により検討しなくてもいいでしょう。

PRO(1,800円)

最上位版。通常価格は1,800円と高いですが、そこそこ頻繁(月1くらい)にセールを行っており、120円と大幅に値下げされます。無印版はセールされないようなので、セールを待ってPRO版を入手するのがおすすめ。1,800円で買うにしても、それだけの価値は十分あります。

Total Video Converter Proの使い方

トリミングや字幕挿入など幅広い編集ができますが、ここでは代表的な機能として複数動画の変換作業を解説します。

1. アプリを起動。

2. Finderからドラッグ&ドロップで変換したい動画を投入。

3. 変換先のファイル形式を選択。

4. 詳細を設定

5. 書き出し先フォルダを選択して変換実行。

ファイル数が多かろうが(20個ほど)、ファイルが重かろうが(30GBほど)アプリが強制終了することもほとんどなく安定して変換できています。